遊楽の印(ゆらのいん)のblog

工房蓮のオリジナル本柘植遊印を使って、文香や折形、和紙巾着袋など。。。いろんなものを作って遊んでます。

先日求めた小さな硯。せっかくなので筆も新しくしました。いつも(何年も!)決まったことしか書けていない手紙ですが、発送準備の中では、最も緊張するコトです。しかし、新しい道具には。。。自分の腕も自然と新調されているような錯覚を起こす力もありますね。和紙に筆を ...

画像がないと。。。書けない。という自分への言い訳の下、随分さぼってしまったような。いつも写真を撮っているスペースの上に、多くのものが重なっており!撮影不可能だっただけですが。皆様、早くも神無月半ばを過ぎようとしていますね。そして秋も急速に深まっているよう ...

最近まっている一筆箋作り。市販の一筆箋と同じくらいのサイズから、名刺大くらいの小さな紙片までいろんなサイズを作ります。草木染の和紙でさまざまな色を楽しんでいます。この罫線は、「亜麻色」という色で引いてみました。やわらかい印象で、桜で染めた和紙に良く馴染ん ...

先月末の東京滞在中。。。思いがけず目の前に現れてくれた「世界堂」。数年前に、突然水貼テープにエンボッサーを使ったらかわいいに違いない!と思い、近所で探しまくったけれど、どこにも望むタイプのものが売っていなかった「水貼テープ」。ネットで探して見つけたのが「 ...

先日ご注文いただいたお客様(N様)が「遊」というタイトルで、blogでご紹介下さいました。ありがとうございます。^^こちらです ★Nさまが書かれた書もご紹介になられていますが、とっても素敵なのです!!漢字の持つ意味や成り立ちもあわせて紹介されていてお勉強になり ...

昨日も今日も。。。日中は暑くてエアコンを入れていますが、雪だるまのぽち袋を作ってみました。この白い手漉き和紙を使いたかったっから。というのがその理由ですが、不思議な白色です。遊印を和紙の裏面に捺すと、しっかり表に透けるのですが、和紙そのものは不透明な感じ ...

久しぶりにお箸袋を作ってみました。このブログも久しぶりですが。ーー;さぼると何をupしたら良いのかもわからなくなります。今日作ったお箸袋は、福西和紙本舗さんの草木染の手すき和紙を使っています。「あけび」と「桜」で染めた手漉き和紙ですが、最も気に入っている「 ...

名刺大くらいに残ってしまった草木染の和紙をちいさなメモ紙に。メモ紙と呼ぶには、あまりにもったいないのだけど、カードというには頼りなく、ひと言箋と呼ぶのには少々小さめ。それにしても立涌のエンボスは思いっきりずれています。ずれたまま旅立たせましたけど。更に、 ...

先日upいたしました ★ 「赤椿(枝付)」の一筆箋を折形(風?)におさめてみました。窓の向こうに見える風景工房蓮 藤井あき乃 ...

この週末に新作遊印「枝椿」のカートをお出しします。細部調整等終えました。いつもながらご注文いただいてからの彫刻になりますのと、9月27日から10月2日まで不在となりますので、「枝椿」は10月5日金曜日あたりからの発送となりそうです。そして裏取引でひそかに生き延びて ...

透け感がたっぷり ^^ の手漉き和紙でぽち袋や封筒を作りたくなる時が無性に。。。あるのですが。中に入っているものが、あまりにあからさまであるのは少々抵抗を感じることもあります。けれど透けない和紙を内側に使って「ふた重」にしてしまうのは、やはり。。。惜しい ...

新しい折形に挑戦。わたくしのバイブル「半紙で折る折形歳時記」生活を楽しむ7 半紙で折る折形歳時記 (別冊太陽―生活をたのしむ) [ムック]折形デザイン研究所平凡社2004-12-17九月 鏡を包むで紹介されている折形です。紙の重なりが多く、少しふっくらしていて、中のものを ...

九甘堂時代には裏取引だった(ような。。。そうでもないような。笑。。。少なくともカタログには非掲載でした)「雪だるま」の本柘遊印ですが、工房蓮では表取引の仲間に入ります。なんていうと、今でも裏取引があるのか?と言われそうですが、今はありません。ただ、カタロ ...

長月も半分近くが過ぎ、今年もあと3ヶ月と半月。画像は最近の発送時の便箋です。あと3ヶ月だなんて早過ぎますが、現実です。カタログも完成しないまま、こんなに月日が経ってしまい、決してぼんやり過ごしていたわけではありませんが、「これだけはやりきった」と思えること ...

久しぶりに、赤鯛と白鯛コンビ★の柘遊印でぽち袋を作ってみました。使った和紙は筑前秋月手漉和紙さんのものです。少し厚みが出て、安定感が増します。ここのところ、ぽち袋はこのパターンのものばかり作っています。袋タイプのぽち袋は、使いやすくて便利ですが、少しオト ...

この箱は、以前文香のストック用に使っていた箱です。今は、和紙封緘紙のストック箱になっています。和紙封緘紙は。。。いろんな色を作って使って楽しんでいますが、結局使いやすく出番が多いのは、くすんだベージュとかグレーとか墨色なのだ。と気づきます。あくまでも私的 ...

水引の「あわび結び」を柘植に彫刻してみました。12ミリ角に彫刻していますが、あまりに小さく。。。通常の使い方は難しい。遊楽の印の既存のラインと合わせるにも少々(だいぶ)小さく。笑「結び紐」の柘遊印★も、ゴム印の「りぼん結び(もろなわ結び)」★も結婚のお祝い ...

先週末upした「枝付きの椿」の遊印に、早速貴重なアドバイスを頂き修正してみました。まずは、筑前秋月和紙処さんの手漉き和紙で普通の^^一筆箋を作ってみました。画像では白に見えるかもしれませんが、数年(もう5~6年は確実に)前に出会い、大層気に入り、1枚だけ使わ ...

おとといから急に思い立ち新作の本柘遊印を試作中です。赤椿(白椿も)★と紅梅白梅★の遊印をリニューアルしたいと、ここ何年か思いながら、なかなかたどり着けなかったのですが、まずは椿から。もともといる子とあまり変わらないじゃないかとも思いつつ、枝が付いて少し枯 ...

定型料金で送ることができる封筒です。立涌文様の千代紙で作った瓢を貼り付けています。久しぶりに作った「ひと重」の封筒は、とんでもなく!簡単に仕上がってしまい!思わず笑ってしまいます。もちろん嬉しくて。^^今朝は、ずっと出来なくて不便だったネットショップのメ ...

長月に入り、少し秋の気配も感じられるようになりました。それにいたしましても、今年は間断なく台風がやってきます。どうぞ被害が出ませんように。今日もよい一日でありますように。工房蓮 藤井あき乃 ...

たまに覗く書道道具やさんで見つけていた手漉きの半紙。先日、車で立寄ることが出来たので求めてきました。未晒しタイプを更に未晒しにしたような色。^^輸入品ならではの質感と色。。。かもしれません。画像ではよくお分かりいただけないと思いますが。半紙を書くためには ...

京都御所に行かれた方から頂いたもの。パッケージに「障壁画の瑞鳥を懐紙用に簡素な浮彫調に意匠化したもの」とあります。立派なエンボスです。^^何か作りたくて、しばらくの期間(数か月。^^)引出しから出しては、いろんな方向から眺めておりましたが。この瑞鳥のエン ...

御祝用のギフトラッピング(和紙包み)です。最近は、この折形でご用意することが多いです。本柘植遊印のみ、しかも組み合わせにもよりますが3~5本しか包めないのですが。ほぼ正方で仕上がりますので、小さくともきちんとした雰囲気を醸し出してくれます。^^大き目のゴム ...

ただ今、わたくしの最強の遊び道具になっている草木染めの手漉き和紙で、ここのところ気に入っている折形を作ってみました。半端に余ってしまった紙で作ったら、60ミリ弱四方のかわいらしい大きさの折形が出来ましたので、贈り物を送る際しのばせる小さな手紙と文香をいれて ...

昨日届いた福西和紙本舗さんの草木染めの手漉き和紙で、早速作ってみたぽち袋サイズの折形です。今回は、横向きに使えるように遊印★を捺しました。と、「つくし」の遊印にリンクを貼ろうとしたら、カートがなかった。笑すみませんね~。急ぎ準備いたします。美しい黄色で、 ...

蒸し暑い土曜日の朝です。葉月最後の週末は、お篭もりで紙遊びに徹する予定。先日注文した和紙が届くのを楽しみにしつつ、少し新しいことにも挑戦したい。。。と、折形の本を眺めながら、あれこれ思索中。。。どうぞ良い週末を^^工房蓮 藤井あき乃 ...

色を付けた和紙封緘紙を裏側から貼ってみました。ぽち袋として作った折形に使った紙はきれいな生成り色ですが、ぼんやりまぁるい影が見えるでしょうか。。。^^ちなみに右肩にエンボスしている「ありがとうございます」エンボッサ―★は、紙の上から差し込むタイプのダイホ ...

気に入っている韓紙を染めてみました。。こどもの頃に持っていたクレヨンや色鉛筆にあった「はだ色」のイメージ。紙の地色が、真っ白ではなく少し生成りのような色(染めているわけではないと思いますが)ですので、どんなふうになるのか楽しみでした。イメージ通りに色がの ...

今夏はこの折形に夢中でした。^^遊印をいれる折形としても作っていますが、紙幣なら三つ折で入れることができます。ぽち袋として使えるサイズ。和紙のみならず、さまざまな紙を使って遊んでますが、最近は、色和紙を挟むスタイルで。ここでも何度も言っているかもしれませ ...

↑このページのトップヘ