遊楽の印(ゆらのいん)のblog

工房蓮のオリジナル本柘植遊印を使って、文香や折形、和紙巾着袋など。。。いろんなものを作って遊んでます。

皆様。。。慌ただしさもひと段落。。。の大晦日の午後でしょうか。2018年最後の日となりました。わたくしは、ひと段落するような年末の慌ただしさも経験せずに、今年最後の日になりました。全くもって!シゴトのみの日々を過ごすことができたのは母のおかげですが、準備をし ...

ずっと気になっていた注連縄作りを終え、その場所だけを拭き清め(汗)なんとか整えた昨日。それでなんだかすべてが終わったような気分になっていますが、終わっているはずもなく!ひとつひとつ片付けています。思いがけず。。。終われるように過ごすことになった10月以降、 ...

なんだか久しぶりにこの画面を開いたような。。。皆様お元気ですか?笑クリスマスも終わり、あとはお正月準備だけとなりました。どちらとも全く無関係な世界で生活しつつ、取りあえず、帳面消しのようにケーキを食べ、作らねばならない注連縄をどう間に合わせるかを気にしつ ...

和紙遊びが。。。しばらくできておりません。ストレス。笑何か作りたい。が、時間的に厳しい時には、何を作りたいかもわからなくなってきます。まずは。。。御注文いただいている子達にきちんとした格好をさせてやり、支度を整え、旅立たせねば。充実の一日を工房蓮 藤井あ ...

明日12月20日をもちまして「九甘堂」SHOP★が閉鎖となります。2006年の11月に開設し、本日に至るまで丸12年の間。。。ほんとうにありがとうございました。様々なことが思い出されます。嬉しかったことも、不安だったことも、ただただ申し訳なく辛かったことも、幸せだったこ ...

白地にごくごく薄いピンク色の波紋様の和紙で金封を作りました。先日からご紹介しておりますこちら★の折形です。この和紙は、白地に鶴のエンボス加工(っぽいもの。^^)と一緒に求めたものですが、薄い桃色の波紋様がなんとも優しげで気に入っています。裏地用に使っても ...

手漉き和紙を手ちぎりして作ったひと言箋です。名刺大くらいでかなり小さいのですが、ほんとうにきもちを込めてひと言書くのにはちょうどよいです。これ以上は、書きたくても書けませんという気持ちで使います。^^こんな風に見ると、「鳥居」遊印★もよい働きをしています ...

急に寒くなりましたね。今朝は又雨が降っています。画像は、先日もご紹介した★折形の本に掲載されているものです。これは、千円札を入れることができます。熨斗まで折り出していますので、やはり一万円札がはいらないといけない。と思うのですが、この手漉き和紙の縦の長さ ...

お礼状のストック。といっても3枚くらいしかストックできないのでストックとは言えない枚数ですけど。発送時など。。。常に使うもの達は、ストックがあると良いのだ。と言いつつ、ストックできない性格なのだと、ここでも一度ならず申しております。でもそれは、少し違ってい ...

新年の文香。日に新たに。。。松で浄化し鳥居をくぐる。充実の一日を工房蓮 藤井あき乃 ...

亥年の年賀状「鳥居」と「謹賀新年」。松葉がひげのようです。一箇所でよかったかな。と思いつつ(こればっかり)。「鳥居」と「瑞雲」はぴったり。^^これは、「己亥」の遊印をゴールデングリッツで捺したもの。アイディアも何もない!感じで、どことなく「投げやり感」が ...

師走のお便りと文香です。寒い季節になると「つぼつぼ」の柘遊印を使いたくなります。なぜか?塗りたいからかな。。。。とも思いますが。。。金を塗ると、夏は暑くるしい感じがしますから。こんな事やってるから時間がかかるのよね。と思いつつ。充実の一日を工房蓮 藤井あ ...

「鳥居」★と「松葉」★の本柘遊印で作った亥年年賀状サンプルです。大黒様がかすれてしまい。。。汗汗汗申し訳ないことですが、作り直す時間がなく、そんな言い訳をしているのが、更に申し訳ないと思う午後。ーー;充実の一日を工房蓮 藤井あき乃 ...

遊楽の印 2018年冬の新作?笑カートの準備いたしました。「鳥居」「松の葉」「松葉」の本柘遊印です。肝心の!年賀状のサンプルにたどり着いておりませんが、近々upしてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。工房蓮webshop トップページの新作遊印からどうぞ ★ ...

久しぶりに作った折形です。手漉き和紙で作ってみました。これは、三つ折にした紙幣を入れることができる「ぽち」サイズ。「折形レッスン」の中で紹介されていますが、山根先生のお教室オリジナルの折形だそうです。折形レッスン―美しい日本の包み方 [単行本]山根 一城文化 ...

小さな文香たち。文香は小さく作るとほんとうにかわいらしくて、並べてしまいます。小さくなくても。。。並べていますけど。新作の本柘遊印「松の葉」「松葉」「鳥居」は週末にカートの準備を致します。またどうぞ。。。よろしくお願い致します。なんだか妙に暖かですが、霜 ...

亥年の年賀状で先にご紹介していたスタンプパッドバージョンのグレー系です。わたくしはこちらのほうが好きなのですが。お目でた感があるのは、やはりグリーンを中心に捺したタイプでしょうか。上の画像で使っている「源氏香図」の本柘遊印★は初音ですが、10.5ミリ角に ...

「松の葉」と「松葉」の本柘遊印、ほぼ完成です。もうひとつ仕上がっていますので、一緒にカートの準備を致します。その子達とは別に、三方に飾った鏡餅の遊印を試作しているのですが、なんとなくうまくゆかず、思いがけず難儀してます。「お月見団子」の遊印がすっきりかわ ...

1週間ほど前からはまっております「墨線スタンプ90」★のランダム捺し。年賀状はもちろん、様々なものに登場しまくっております。^^下の画像は、最近使っている「便箋と文香」です。「墨線スタンプ90」はすべて銀色のスタンプパッドを使って捺しています。墨線スタンプをお ...

先日upした鶴紋様の和紙を内側に使った簡易金封です。画像撮り直しました。^^今年夢中になったものの2番目がこの「鶴(鍬形蕙斎)」のエンボッサー★を連続押しした簡易金封でした。内側は半紙、外側は奉書紙を使ったものを多く作りましたが、今回は少々おめかしで、年賀用 ...

お客様のリクエストで誕生しつつある新作遊印です。「松の葉」国語辞書など引きますと。贈り物の上包みなどに、粗末な品物の意を表すためにしるす語。寸志。松の葉に包むほどわずかである意を表す。とでてきます。既存の遊印だと「心ばかり」とか「ほんのきもち」と同じ感じ ...

今年夢中になった和紙封緘紙を年賀状に使ってみました。朱肉で捺した「墨線スタンプ90」★と組み合わせています。非常にシンプルに。^^と言っても、和紙封緘紙を2枚重ねていますので、和紙を手ちぎりする。色を塗る(あるいは染める)乾燥させる。中心に金を入れる。乾燥さ ...

墨線スタンプ★を使って亥年の年賀状を作ってみました。使っているスタンプパッドの色はシルバーです。適当に捺しているだけですが、それなりの空間ができます。^^私なら。。。他には何も捺しませんが、墨線上や、墨線が交わっているところにおめでた系の遊印を捺しても良 ...

亥年の年賀状を作りました。昨年はステンシルスポンジで丸いイメージで遊びましたが、亥年は四角で。これは数年前にも使ったパターンですが、--;今回は数を増やしています。タイル貼りのイメージで。^^中心の列はグリーンティ。両脇の列はバニラスタンプ。それぞれゴー ...

エンボス加工というほどではないのですが。。。白地に白で鶴の紋様が抜いてある和紙を使って金封を作ってみました。年賀に使えるようにと思い、己亥の遊印を使いましたが、どちらかというと結婚式関係に良いような気もします。汗そういうことでしたら、この簡易なカタチでは ...

だいぶコツをつかんできたお箸袋。ようやく同じ形に仕上がるようになってきました。笑同じ干支印帯留めパターンでエンボッサ―を変え、いくつも作っておりますが、久しぶりに使ってみた「扇」エンボッサ―★がなかなかよいシゴトをしてくれています。「福瓢」もそうですが、 ...

最近の和紙封緘紙作りは、ベージュとグレーの濃淡を作るのに楽しく苦心しています。ピンク系ばかりが見えていると思いますが。完全に乾いてから判明する、「残念組」行きの子達。そちらのストックはかなりできております。えぇ。かなり。親心としては。。。この子たちにも役 ...

霜月のお便りです。二十四節気では冬が立ち、寒さで大地が凍り始める頃ですが、まだ冬の気配は感じません。冬が始まる前に。。。今秋は、あまり美しい紅葉を見ないような気がいたしますが。自然環境を整える努力もしていないのに、--;美しい紅葉を期待するのは欲張りかも ...

先日作ってもらった新しい印箱に遊印たちを並べてみました。結構収納できます。私は、印面を上にして収納してきましたので、印箱の底を汚さない為、紙を敷く必要はないのですが、印面を下に向けて収納する方の場合、底に紙を敷きたくなるかな。ということで、敷いてみました ...

先日懐紙で作ったお箸袋をご紹介★いたしましたが、少し大きめに裁断した和紙で作ってみました。このくらいだと、お正月のお箸袋にもよいでしょうか。。。使用した和紙のサイズは、19センチ×23センチ。懐紙と同じ割合にしてみました。画像ではお分かりいただけないかもしれ ...

↑このページのトップヘ