遊楽の印(ゆらのいん)のblog

工房蓮のオリジナル本柘植遊印を使って、文香や折形、和紙巾着袋など。。。いろんなものを作って遊んでます。

数か月前に手に入れた本を見ながら新しい折形の練習中。折形の礼法―暮らしに息づく和紙の美学 (1978年) [-]山根 章弘大和書房1978-06折形の礼法ってどういう意味?と思いつつ、折形に関する書籍はほんとうに数少ないので、薄くてすぐに読めそうだし(笑)と、求めたもので ...

通りがかった花屋さんで売れ残っていた芍薬。^^海沿いの市場の中の花やさん。一番好きかな。。。と思います。特に白いはなびらの縁が少し赤く染まった。。。まさにこの子たちのような芍薬が。暑かったので一気に咲いてしまい、最後はお風呂に入れて最後まで楽しませてもら ...

昨日ご紹介した「分割ライン3姉妹長女」銀色で捺した感じです。葉書通信面を2分割したところ。当初の目的からは外れたところで遊んでおり、まいっか。働く子なら。とは思いますが、己の力量的には複雑。次女はこんな風。笑この続きをやろうと思っていたのに、瓢吉相印のサン ...

でんでん虫が通る道。墨のかすれ感をうまくだしてもらえました。3姉妹(3パターン)作った分割ラインの長女。上の画像の封筒には、鮮やかな「ヒシエム朱肉彩(赤口)」★で捺してみました。 スタンプパッドを含め、いろんな色でまずは試してみましたが。。。この子はよい働き ...

定型内で郵送できる封筒です。少々忙しく紙遊びから遠ざかっておりますが。。。紙遊びは。。。気候のよいときのほうが、気分よく進むので「いましかない」状態ですが、昨日は突然の暑さでぐったり。このまま暑い季節に突入したらどうしよう~でございます。ここのところ生活 ...

少しハードな雰囲気のぽち袋になりました。^^内側に貼っているのは和紙ではなく壁紙です。おもしろい柄があるのでたまに使いますが、和紙との質感を合わせようとすると難易度が上がりますね。しかし、意外とうまくゆくときもあるためなかなかに面白く、楽しい作業です。今 ...

先日、偶然手に入れた手摺の千代紙を仕込んでぽち袋を作ってみました。表の和紙は、頂き物の。。。ちびちび使わせていただいている草木染の手漉き和紙。色は好き過ぎてなかなか使えない薄いグレーです。千代紙の蓮の実と新作柘遊印「れんこん(見通しいかが?)」★の組み合 ...

「れんこん(見通しいかが?)」の柘遊印★と「ありがとうございます」エンボッサー★のカートのご準備いたしました。「れんこん」柘遊印のサイズですが、上の組み合わせ画像の向かって左1列に捺している「れんこん」遊印は全て12ミリ角に彫刻したものですです。組み合わせて ...

画像は、新作とは関係ない今月のお便りですけど。^^「杜若」★と「光風動春(こうふうはるをうごかす)」★の遊印、そして「立涌」スタンプ★で作ってみました。「光風動春」は銀色★で捺しています。「光風動春」の柘遊印は、文字も枠も印としては限界の細さに挑戦してい ...

縦のラインを活かした切り貼り封筒をもうひとつ。「ありがとうございます」のエンボッサーを使ってみました。この赤い縦縞の和紙は昨年伊勢神宮にお詣りしたときに求めてきたものですが。。。100均にあるのを見てちょっとショックを受けてしまい、蔵入りしていたものです。あ ...

↑このページのトップヘ