P1310160
先日、わたくしにとって贅沢なぽち袋を作った!とここでもupいたしましたが、
その緑バージョンです。
この画像の方が、
上掛けしている少し茜色を刷いたような手漉き和紙の色がお分かり頂けますか。。。

緑。と、言ってもいろんな緑がありますが、
色によっては、
おめでたい時に使い辛い雰囲気の色があります。

緑って。。。そう考えると不思議。

お正月カラーとしては、「赤」「白」「緑」
クリスマスにも「緑」を良く使いますし、
おめでたい色の定番色でもありますが、
深く濃く。。。黒が混ざってくる感じでしょうか。。。
そうすると御悔み関係でも違和感がなかったりしますね。

赤はどんなに濃く深くなってもお悔やみの時には使いません。
P1310158
P1310157
この千代紙の緑色も、そんな色。
おめでたくないことはないけれど、笑
悲しい時にも使えそうな緑です。

柄が大胆な派手めの雰囲気なのですが、
手漉き和紙で紗がかかると渋い大人のぽち袋に。

ちなみに、上の画像の左と右の色が違って見えるのは、
上掛けの手漉き和紙の茜色のぼかしがどう出ているかで違って見えています。

オットに見せたら、
珍しく気に入っておりました。

普段は、片手で持って「ふーん」で終わりなのですが。

両手で持って「へー。」でした。笑


良い週末を
九甘堂 古賀あき乃