P8030856
どう使うか?に辿り着く前の段階で試行錯誤中です。

「くるみぼたん」に向いている和紙とそうでない和紙があるのですが、
ぼたんのサイズにもかなり左右されます。

大きなサイズは、比較的和紙を選びませんが、
小さな和紙はかなり制限があり、
また付属の道具にもばらつきがあるような気がするので、
なかなか均一の仕上がりにならず。

サイズによって和紙と用途を使い分けてゆけばよいということなのですが、
やりだすと、
「あ。1時間も経っているじゃないか!汗」と、なり
うまく仕上がった「くるみぼたん」を選り分けると
「たったの3個か!」
というような感じなわけで、
あまりに失敗が多い。--;

だいたいこういうことをやっている時に思うのは、
失敗しそうなことから。。。手を付けてゆくということ。

明らかに、うまくゆきそうにないな。と思いつつ、
やってみる自分は一体なんだろう?

失敗しそうな項目を一個一個、ちゃんと失敗してみて納得するというか。--;

そして満を持して「絶対うまくゆくにちがいない」ことを試すころには疲れ果てている。

ということを繰り返している自分とは。。。


効率の悪いことが好きなのね。

要領が悪いことを愛しているんだ。きっと。(だけど、どうしてそんなことが好きなのか?)

そういえば、
こどもの頃からそうだったような。。。

そして
要領のよい子を「ふん」と思っている自分もいた。


ゆがんでいる。笑



癖みたいなものだと思うけど、
よほど意識しないと、
失敗しそうなことから選んで手を付ける。

不思議な癖。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃