C9B115ED-B9B2-4D09-8DF9-6A539C206461
京都御所に行かれた方から頂いたもの。

パッケージに「障壁画の瑞鳥を懐紙用に簡素な浮彫調に意匠化したもの」
とあります。

立派なエンボスです。^^

何か作りたくて、しばらくの期間(数か月。^^)
引出しから出しては、いろんな方向から眺めておりましたが。

この瑞鳥のエンボスの位置を活かしつつ、懐紙特有の中心の折れ線を
なんとかうまく使わねば。。。

箸袋を!と思いましたが、うまくゆかず、
ぽち袋?と考えは流れてゆきましたが、いまひとつ。

あれこれいじりまわしておりましたが、
結局真っ白に赤顔紙の細い帯を横に渡し、封筒と一筆箋にしてみました。
2003A257-010C-4FDF-A79F-D8C842FFC573
このカタチだと瑞鳥のエンボスがきれいに入ります。
封筒として、単独で見ると微妙なサイズですが、
中の一筆箋を、同じ懐紙で考えると違和感はありません。

贈り物の箱の中などに、ひとこと添えるにはちょうど良いサイズでもあります。

ここに墨書きの文字で、簡潔な文章がさらっと書かれていると、
大層恰好よい。と思いますが。。。いかがでしょうか。。。^^

気に入ったので、ほかの遊印も使っていくつか作ってみようと思います。

懐紙とはいえ。。。なんだか格上のオーラを放つ。。。そんな和紙です。

充実の一日を
工房 蓮 藤井あき乃