017A6DA4-C54C-4D95-BF6C-EBC17E3D2DD6
先日縁あって連れて帰ってきたロクタ紙を使って「ひと言箋ばさみ」を作ってみました。

ロクタペーパーとも言われますが、
ロクタという植物の樹皮の繊維で作られた紙だそうです。。。
1枚で安定感のある封筒を仕立てられそうなしっかりした厚みがある紙から、
しなやかな透け感のある柔らかさのある紙まで様々。

自然な草木染の雰囲気の出ているロクタ紙もあるようですが、
私が手に入れましたのは、今回使ったような柄が入ったもの。

柄自体も。。。
友禅紙とは違い、唐紙とも違い、洋紙風ともまた違い。。。なかなかに興味深い紙です。

「遊楽の印」をはじめてからは「和」にこだわってきましたので、
使わなかった(使えなかった)雰囲気のロクタ紙をまずは使ってみました。

いわゆる「ショッキングピンク」系の背景にゴールドの模様が入っています。
AFBA997F-1F7D-43D5-A44E-C9F7D34D67FF
切り取る場所で模様の出方も変わりますが、
切り貼りのある封筒(金封)に仕立てても、カジュアルに使えるものができそうです。

水引きもいつもの落ち着いた雰囲気のものではなく、
濃緑や黒、ベージュなどを併せてあげると楽しいかも。

って
書きながら、どんどん楽しくなっているのは私だけでしょうけど。笑

充実の一日を
工房蓮 藤井あき乃