989E8C9F-CEA1-40B3-8402-AE6224BDD854
手漉き和紙を手ちぎりして作ったひと言箋です。
名刺大くらいでかなり小さいのですが、
ほんとうにきもちを込めてひと言書くのにはちょうどよいです。

これ以上は、書きたくても書けませんという気持ちで使います。^^

こんな風に見ると、
「鳥居」遊印もよい働きをしています(親ばか?)。

人生の節目節目に。。。あるいは、日常の折々に。。。
鳥居をくぐり、また鳥居を通っていつもの環境へ戻ることを何度繰り返しただろう。
吉兆を運ぶ瑞雲をあわせてもよかったかも。

エンボスは「福寿」を使っていますが、
右上のエンボスは、「福寿」の右から差し込むタイプを使っています。

この「福寿」エンボッサーは、福と寿に分けて使ったりできるので、
結構重宝します。
「喜」エンボッサーもそうですが、
文字でありながら文字にとどまらず。。。という感じで使えるよい子達です。

なんだかいつになくコマーシャルっぽくなっておりますが、笑

このひと言箋づくりは、作り出すと結構夢中になってしまい、
いろんな色の手漉き和紙で。。。様々な遊印やエンボッサーの組合せを楽しみながら、
いっぱい作ってしまいます。
わたくしの遊印組合せトレーニングとして、最強ツールとなっています。

充実の一日を
工房蓮 藤井あき乃