68E3D009-392D-4D92-B00E-70BDEDB55A11
これは、わたくしの定番簡易金封のぽちサイズ。
三つ折の紙幣がぴったりおさまりますが、
通常の縦型封筒タイプのぽち袋よりは、若干きちんと感があります。

新作予定のあわじ結びの遊印を使いたいためのサイズであることは、
すぐにばれますが、
紙幣用のみならず、小さな封筒としての用も足してくれ、
結構使えるのでは。。。と作った後で思っています。

とりあえず、何でも最小サイズを作ってみるのが習いとなっており、
しかも、
これまた習いとなってしまった「ふた重」にまでする必要があるのかと思いつつ、
内側にどうしても使ってみたい和紙があり、
こういう姿となりました。

様々な思惑の果てにたどり着いたカタチです。^^

その内側の和紙とは、昨年上京した折、偶然立寄った世界堂で手に入れた紙で、
パッケージに、高級純手漉画仙紙 金箔砂子ぼかし とあります。
「手漉きだったのか!」と改めてびっくりしましたが、笑
見本でぶら下がっていた紙を触ったときに「好き」を直感し求めた紙です。
ようやく開けることができました。

実は、「金箔砂子」は共に好みではないのですが、
好みではない部分を凌駕する「触った感触」と「めくる音」が好きな紙。

次はもう少し大きめに使ってあげようと思います。
楽しみ。^^

充実の一日を
工房蓮 藤井あき乃