4A4E01A3-C649-4EDF-AFA5-375D992B412E
昨年失敗続きでお蔵入りとなっていた「吾亦紅」の柘遊印です。
この子達は今年バージョン。

なんとか12ミリ角で作りたいという欲が、失敗を招いていたのだと思います。
今年は、13.5㍉角と15㍉角で版下を作り直し、彫刻してみました。

なんとなくうまくいったので、^^/
念のため(未練がましく)、
12ミリ角にも彫刻してみましたが、
なんとなく。。。
うまくゆきそうな気もします。フシギ。
昨年は、練習だったのか?
いつも思うことですが、ある日突然思うものができたりするのは、
ほんとうに不思議な気分です。

12ミリ角専用の版下を作り直さねばなりませんが。
そして、
絵的には、やはり13.5㍉角くらいが最もバランスがよいな。と思っていますが、
もう少しがんばってみようと思います。

ちなみに上の画像の文香に捺している「吾亦紅」遊印は、
13.5㍉角と15㍉角です。

それはそうと。。。
「吾亦紅」の前に。。。
向日葵の柘遊印はどこへ行ったのだ?

思い出さないでくださいね(と、わざわざ思い出させていますが)。

再三版下を書き直し、作り直し、彫刻しましたが
しっくりこない。
自分の誕生月の花でもありますので、以前から作りたかった遊印なのですが、
心は既に。。。
「吾亦紅」と、これまた積年の悲願でもある「芒」の柘遊印へ飛んでいます。

向き合うときは集中しますが、
だめ
と思ったら見切りも早く、気持ちは恐ろしいほど一瞬で切り替わります。

向日葵もきっと、いつか不思議な感じで仕上がるのだと思います。
ものすごい希望的観測ですけど。

工房蓮 藤井あき乃