ft20-1
底マチ付き封筒に執心中です。
何を入れる為というわけでもありませんが、
たまたまこのサイズに裁断した和紙が数枚残っていたので作ってみました。

先日、友禅紙で祝箸を贈るためのマチ付き封筒をup致しましたが
こんな感じもよいかもしれません。(もう少し縦に長くせねばなりませんが)
友禅紙よりもしっかり感がありますので、
贈り物にはより適しているかもしれません。
(しっかり感=安定感=ヨレ感が出にくく清潔感を保てる)

水引熨斗をつければより良いでしょうし、
瓢をくり抜いている和紙を少し華やかなものにすると更によいでしょうし、
赤顔紙ラインを通してもよいでしょうし
赤い和紙紐で綴じてもおめでた感が出るでしょうし。

だからやって見せてね。という事ですが。笑

地の紙が無地だとお飾りのバリエーションは無限と言ってもよいかもしれません。

使うシーンに合わせた柄和紙があるとそれだけで迫力が出て簡単ではありますが、
工夫の仕様がない(限られる)。という事もあります。

「せっかく作るなら自分らしさを出したいの」という自己顕示欲を満足させるには、笑
やっぱり無地和紙はなくてはならない存在です。

見通し良くいきましょ
工房蓮 藤井あき乃