遊楽の印(ゆらのいん)のblog

工房蓮のオリジナル本柘植遊印を使って、文香や折形、和紙巾着袋など。。。いろんなものを作って遊んでます。

カテゴリ: 本柘遊印で作る

色塗りした和紙を貼り付けて作った葉書です。これは年賀状というより普段の葉書向きかも。瓢を切り抜いた後のラインに沿って曲線で切り抜いたものです。ところで元の紙ですが、大きな和紙を色塗りするのは大変です。(そうしているのか?大変でできない。とメールをいただき ...

以前同じ梅柄の和紙でピンク色の折形をupしましたが、これは真っ白タイプ。同じ柄でもピンク色はかわいらしく、そして白はひたすら清楚で格も上がりますね。お年玉を入れるのに格を気にする必要はないかもしれませんが、私はやっぱり白が好きです。結婚式関係の心づけなんか ...

おはようございます。秋らしい。。。さらさらの朝です。^^長月も終わりが見えてきて、年賀状に使える絵柄ものの遊印の試作はなかなか進んでいませんが、出す気があるなら早く完成させねばなりません。とりあえず既に生まれた遊印を使って辛丑の年賀状を作ってみました。ち ...

昨日の続きで、マッチ箱型の箱。あれから夢中になってしまい(ムキになってしまい)遅くまで。ほほ少ししっかり目の紙を使って、試作を兼ねて作ってみました。パターンとして。。。採寸の法則をつかんでしまうと、作りとしては超簡単で、エンボスも入れやすい優秀な箱です。 ...

贈り物用の箱を作ってみました。これだと、中に入れるものにあわせて簡単に採寸もでき!!よろしいのでは~!!!とちょっとヨロコンデいる午後です。今夏より再三登場していますマチ付き封筒も、やっと採寸の法則を会得し、だいぶ手早く作ることができるようになった矢先で ...

草木染の手漉き和紙を使った長月の箋です。これは「栗」で染められた和紙。ものすごく好き。笑そういえば、今年はまだ栗を食べていませんが、もしかしてもう終わっているのでは?食材の買い出しにも必要最低限しか参りませんのと、このあたりのマーケットは旬の野菜がいまひ ...

秋色の和紙封緘紙を作りました。というか。。。画像を並べると前回や前々回作ったものと同じに見えるのはなぜ!きれいな色に見えますが、笑全体的に墨の量を若干増やしてくすませています。ずっといろんな手漉き和紙で試していましたが、最近は、ほぼ同じ和紙で作っています ...

ギフトラッピング用の底マチ付き封筒です。今回は穴あけ紐通しをせず、後ろを和紙封緘紙で糊付けするタイプ。向かって左側は、貼り付けているピンクの梅柄和紙で小さめに切り抜いた瓢を封緘にしています。右側は赤顔紙ラインが曲がって見えますが、自立させるとまっすぐです ...

ちょっと寂しい感じでしょうか。わたくしはこういう雰囲気。。。好きなのですが。「吾亦紅」遊印は13.5ミリ角を使用しています。「散りもみじ」のエンボッサーか、文様のゴム印でも使えばよかったかもしれませんね。。。。が。。。笑やっぱりもう一度作っても同じように捺す ...

久しぶりにクラフトシールを作ってみました。今回は縦バージョンで。「ヤマハゼ」本柘植遊印は朱肉「彩irodori 濃赤茶」を使っています。「虫の音」遊印と「吉日」遊印は自作の濃緑にグレーの朱肉を混ぜたものを使いました。混ぜ具合によって違う色に見えていると思いますが ...

インスタグラムもご覧頂いている方は、画像が重なってしまってごめんなさい。底マチ付き封筒に、タグ代りの帯を重ね季節感を出したつもりです。封筒自体に遊印を捺すのは、危険を恐れるあまり捺しやすい遊印をついつい選んでしまいますのと、笑遊印によって季節感や用途が限 ...

期間限定でご希望の方にお届けしているほんの気持ちギフト「箸包み」につけているタグです。基本的になんでも5~6個作るのが、私のストックの限界ですので、5名様ごとにタグも変わります。今回はハトメをつけてみました。このハトメパンチは既に10年以上は使っている。。 ...

うすいピンクの梅柄の和紙で作った折形です。女の子のお年玉用。ピンクって、それだけで!かわいらしい雰囲気になりますね。たまにはこんな感じもよいなぁと思います。^^少し厚手の和紙になると、仕上がりの傾きが激しくなりますが。向かって右側は折り回数が多いので仕方 ...

草木染の手漉き和紙で作った文香です。秋の風情は絵になりますね。^^なんだか最近は。。。このくらいの時間から事務作業をするのが効率がよく、あまりよろしくありませんが、妙に頭がすっきりして。笑この「すっきり感」を使わないで帰るなんてもったいない。とかなんとか ...

金曜日からというか結局土曜日から始めたオンラインショップのカート整備。なんとか終えショップを再開でき良かった。ほんとうに。笑ご検討中の皆様、別に検討中じゃあないけど、また来てくださった皆様も。。。お待ち頂きまして心よりお礼申し上げます。印材の変更のお知ら ...

底マチ付き封筒は、きちんと仕上がっているとこのように自立します。自立しないときは、失敗ということになるのですが、少なくとも蓮で使うマチ付き封筒は。。。このように自立した状態であることが必須なわけではありませんので、(ディスプレイするわけではありませんので ...

久しぶりの紙ばさみ登場。下に紐が一本出ているのは、後ろで結んだ紐の片方。この後始末しています。--;今年は、「お山」の遊印をよく使っているような気がします。「お山」の色を変えるとそれだけで四季を表現できるよなぁ。。。と今更ながら思いつつ。今回は、秋の入り ...

草木染(藍)の色が初めてきれいに撮れたような気がします。薄いのも濃いのも藍染めの手漉き和紙です。背景の源氏香図は「鈴虫 9ミリ印影」。アートニックj「バニラ」スタンプパッドで捺しています。最近は「源氏香図」遊印を濃いめの色で捺すことも多いのですが、和紙の色 ...

昨日の続きです。無駄に思い出に浸らず、無事さっさと次の場面に進めました。^^まずは失敗なく仕上げる為わたくしの定番和紙を使ってみました。封筒などにもよく使っているすこーし生成りがかった和紙です。底マチは15ミリくらい。帯は18ミリ幅。中には12ミリ角の遊印が3本 ...

「お守り袋」の底マチつきに挑戦中です。以前から遊印やエンボッサー(ダイホルダー)のギフトラッピング用にいいかな。。。と思っていましたが、マチがついていないと妙にぱちぱちになってしまい、中でひっくり返ってしまう事はないけれど、なんとなく見目も悪くそのままに ...

↑このページのトップヘ