遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)のblog

九甘堂のオリジナル柘遊印を使って、文香や折形、和紙巾着袋など。。。いろんなものを作ってゆきます。

カテゴリ:お手紙

葉月後半のお便り。案山子の遊印。。。すごく好きなのですが、使える季節が短くちょっと寂しい。今年は早めに登場です。充実の一日を九甘堂 古賀あき乃 ...

花火の遊印を使って葉月のおたよりです。今年は「夜空に花火」に凝ってます。^^古賀あき乃 ...

睦月の発送時に使う便箋と文香を作りました。やっと。少しおめでた感を意識して、松竹梅のエンボッサーと「松」の遊印を使ってみました。珍しく、源氏香図「梅枝」の遊印はゴールデングリッツで捺しています。そして昨年末あたりから、なぜか手放せない「幸を祈」と「瑞雲」 ...

長月のお便り第3弾(珍しく。^^)日暮れが早くなり、夜明けも遅くなって。。。今朝は風の冷たさを感じました。。。秋になると。。。お月様を見上げるのが楽しみになります。新作文様ゴム印「たて縞」や「鹿の子」にぴったりのスタンプパッドが入荷してます。インカ―も揃え ...

葉月後半のお便りです。「葉落ち月」というのが「葉月」の由来。。。と聞いたことがあります。夏の間の力強い緑が少し黄色くなってきました。。。。今日は久しぶりに猛暑という感じの甘木ですよい午後を 九甘堂 古賀あき乃 ...

雁皮半紙に色付けしてみました。睦月後半のお便りに。梅花の印などにも。。。とっても似合いそうな色に染まってくれました。^^すごく寒くなってまいりましたが、出かけねば。食料も買っておかねば。と思いつつ皆さま風邪惹かれませんように。。。九甘堂古賀あき乃 ...

文月に入りました今年も半分過ぎました。夏物遊印を出したばかりですが、早くもお正月モノを気にかけている自分に驚き。(自分で驚いてどうする?ですが)少しは進歩したのか?気にかけているだけで何もでてこないので、進歩したわけでもないようですが。画像は、文月の発送 ...

年末に作った「墨枠」のエンボッサー。活躍中です。絵手紙用の少し厚手の葉書にもくっきり型押しできます。嬉♪今年は皆様から頂いたお年賀状のレベルがあまりに高く。。。びびった古賀です。というか、恥じ入りました。素敵~。きれい~。と感動しつつ、こんなことではだめ ...

菊之花印と源氏香図印を組み合わせて作ったお手紙セット。ちょっと赤のラインが太すぎました。が、既に実際に手紙を書き送ってしまいましたが。金のラインを見せようという意図を持って鋏を入れるとデザイン的には失敗。ということはよくあります。てなこと言ってー。ケチる ...

文月後半の商品発送の際のお手紙や文香を包んでいる和紙。わたくしのバイブル「半紙で折る折形歳時記」八月に紹介されている「花火を包む」折形です。半紙で折る折形歳時記 (別冊太陽―生活をたのしむ) [ムック]涼しげに真っ白な半紙で折るのもよいですが、夏らしい柄のはい ...

水無月に入り早6日。緑はさらに深く濃くなり、紫陽花もきれいに咲いております。雨が。。。降りすぎているところもあり、なかなかちょうどよい感じになってくれませんが。。。罫線エンボッサー★で格子を作り、遊印★を散らしてみました。赤い色の印は極力少なめに仕上げた ...

このこたちが。。。とっても人気でヨロコンデおります。^^紙幣を折らずにぴったり入れることができる封筒タイプ。自分の日常を考えると、水引きや熨斗がついた金封や、ぽち袋よりも圧倒的に出番は多いなぁと思います。ちょっとした御礼とか、何かものを頼んで買っていただ ...

最近の「遊楽の印和(ゆらのいんのどみ)」発送時のひとこと箋です。「罫線」エンボッサー★の格子柄に凝っていて、^^まっすぐに作る格子などいろんなパターンで試作中。「皐月」印★も、もうすぐ終わり。なんだかいつにも増して、猛スピードで過ぎ去ってゆくのねという感 ...

昨晩初めて作って、気に入ってしまい量産中の横置きの封筒。今のところ、「福寿」エンボッサー★・「唐草文」エンボッサー★・ふくら雀遊印★・吉日(草書)★遊印の組み合わせを固定して、古賀の定番スタイルを模索中です。封筒のサイズも、最初に作ったものから少し大きく ...

最近の発送時の差出人枠のパターンです。松葉枠スタンプ★をこんな風に捺すのが気に入っており、卯月の便箋も同じパターンで作っております。バニラスタンプ★を使うと、地模様が作れるので重宝しておりますが、9ミリの家紋印★もなかなかよい仕事をしてくれます。このサイ ...

弥生月の商品発送時に使っているお便りパターンです。つくしの遊印★と桜の遊印★を使いました。。。3月は卒業や入学、就職。。。いろんな出会いや別れがあり、そしてお正月とはまた違った意味でこれからの自分の人生を考える時季のようにも思います。そんなことから、合わせ ...

↑このページのトップヘ