遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)のblog

九甘堂のオリジナル柘遊印を使って、文香や折形、和紙巾着袋など。。。いろんなものを作ってゆきます。

カテゴリ:本柘遊印

ねこの家族二匹目は、ちょっと色っぽいねこです。鍬形蕙斎さんが描いた(©芸艸堂)ねこですが、小さな柘印にすると、思いがけず。。。なんとも言えない雰囲気を醸し出してくれました。うまく表現できないのですが。。。。なにか語りかけてくるような。。。。なにも考えてい ...

歌川広重の猫。。。を遊印にしてみました。紙袋かぶって遊びたい。意味なんかなくていい。猫(歌川広重)は新作遊印です。猫はもう一匹増える予定。ちょっと色っぽい鍬形蕙斎さんの猫です。^^お年賀状に関係ない印ばかり作っております。--;年賀状に向き合えない紙袋を ...

自分のお名前印を作りたくて、「やまもとひとみ」 ★ さんに書いていただきました。見たことないくらいたくさんの「古賀あき乃」がいます。^^もちろん。。。これらはごくごく一部で、この向こうにも。。。更にたくさんの私がいます。この画像を見ただけで、たいそう感動 ...

「鈴を鳴らす」にこだわっておりますが、^^お正月の箸袋を作ってみました。見えづらいと思いますが、水引の上に「戌」(下村玉廣)<©芸艸堂>の遊印をバニラで捺しています。赤い印泥で捺したものも作ったのですが、鈴と水引だけで十分という気もして。。。しかし、戌年 ...

「お月見だんご」の柘遊印。。。カートの準備致しました。 ★どうぞよろしくお願い申し上げます。主に箸包みと文香を作っていますが、「お月様と共にあること」に、こだわっており、^^机の上は紙くずだらけに。紙を丸く切る。って難しい。コンパス使いも案外難しいことに ...

秋だなぁ。。。と、思いたけど、残暑は極めて厳しく、せめて文香の中だけでも秋を感じたい。ということで、秋の名月を楽しみにしつつ。。。「お月見団子」の遊印を作ってみました。試作第一作目。。。何作目くらいで仕上がるか?笑顔晴ります。よい週末を九甘堂 古賀あき乃 ...

「風呂敷包み」の柘遊印。。。完成です。^^散々描き直し、彫刻してみて、捺してみて。。。結局最初に描いた絵にもどり修正しつつ仕上げました。迷っても。。。最初に作ったものに落ち着くんだな。。。これからは、無駄なことはするまい。といつも心に誓っていたことを思い ...

日曜日に試作した風呂敷包み(向かって右)。この印影は第一号で、線が細すぎ、情けない仕上がりになってしまいましたが。かわいすぎ。笑描いて作った自分で言いますが、かわい~。ずっと。。。まじめなうさぎに、「小包」ではなく「おつかい包み」で!ご挨拶させたかったの ...

でんでん虫の柘遊印のカート準備致しました。どうぞよろしく。^^こちらから★九甘堂 古賀あき乃 ...

「結」の一文字遊印完成いたしました。朱文タイプの「結」10.5ミリ角と、7.5ミリ角に彫刻した小さな白文タイプの「結」印と2種類です。この7.5ミリ角に彫刻した「結」印は印影サイズが4.5ミリ×5ミリ弱くらいです。彫刻機を以てしてもかなり厳しい小ささで、いつ彫刻できなく ...

弥生月に入りました。春もすぐそこ。「立涌スタンプ」と共に「結」遊印のカート準備も進めます。今朝、ショップのトップページの画像を入れ替えました。ものすごくさぼっていたことに気づき、朔日朝から反省。黒肉入荷してます。^^充実の一日を九甘堂 古賀あき乃 ...

「笑み栄ゆ」という遊印を作ってみました。古い言葉で、「喜んでにこにこ笑う様」を指す言葉だそうです。「笑み笑み」という言葉も好きで、最初はこちらで遊印を作ろうと思っていたのですが、おめでた感がある。。。と申しますか、にこにこと笑う様が、善きこと。。。あるい ...

瓢の中に、「たて縞」文様と「鹿の子」文様をいれた柘遊印も完成しました。「瓢 しま子」↑と「瓢 かの子」↓カートもほぼ作り終えたので、干支印とともに近々upいたします。昨日は終日、新しいエンボッサーの原稿作りに励んでおりました。1年ぶりくらいでしょうか。。。 ...

悩む干支印。最後の一本と思うと、なんだか妙に力が入り。。。「酉」という字は方角の名で「西」本来の読みは「ゆう」「しゅう」口の細いつぼを描いたものを描いたもので、「酒」に関する文字に用いられる。ということで、職人と作ってみた3本です。「遊楽の印和(ゆらのいん ...

GW明けになりますが、新作のカートをいくつかご準備いたします。いろいろ試作しておりましたが、今回は、「感謝系」の遊印を2種類とゴム印を1種類。そして。。。4月になったら、カートを出します。と申しておりました「ちび友」印もGW明けに。こちらは、20本だけの限定販 ...

白梅タイプの梅鶴の遊印。。。完成です。。。お顔は右向きと左向きと。。。お選びいただくようにいたしました。既存の紅梅タイプの梅鶴と向き合うように捺していただく時は、白梅タイプは右向きをお選びください。尚、既存の紅梅タイプの梅鶴のお顔の向きは≪左向き≫のみで ...

「文字(書き)のし」の遊印と同時に作ってみた「折り熨斗」の遊印。こちらも12ミリ角でなんとか彫刻できそうです。もう少し回数(本数)彫刻してみないと、商品としてご提供きるかどうか。。。微妙ですが。既存の遊印達とあわせる。ということを考えると、サイズ的には12ミ ...

これは、神無月のほんのきもちギフトです(届いたら違っていた!方。すみません。別のものがゆく時もあります)。なんだか「文字(書き)のし」印に同じものばかり組み合わせておりますね。。。反省。いろいろお見せすると言いながら、結局自分が落ち着くパターンで作ってい ...

少々驚いておりますが、「文字(書き)のし」印のお問い合わせを結構をいただいています。柘印(遊楽の印和)としては、サイズ的に厳しいかな。。。と思いつつ、産んだ本人が言うのもナンですが、そのかわいらしさに負けっぱなしで(笑)なんとか、うまく使ってあげられない ...

画像は、「やっこ凧」の遊印を使った文香です。お正月モノの遊印をあと2種用意していたのですが、昨日は叶わず~。もう間に合わないような気もしつつ、まだ9月だしな。と思っている自分もいたりしますが。--;プレッシャーがかかってくると、別の方向、別の方向へと頭は ...

↑このページのトップヘ