遊楽の印(ゆらのいん)のblog

工房蓮のオリジナル本柘植遊印を使って、文香や折形、和紙巾着袋など。。。いろんなものを作って遊んでます。

カテゴリ:本柘遊印

「鬼に金棒」「がんばったね」「大丈夫」と「だいじょうぶ」「おつかれさま」と「おつかれさまです」微妙な違いで悩ませてしまいそうなラインナップとなりましたが。平成31年春の新作カートupいたしました。ショップトップページ★新作及び新商品一覧よりどうぞ。。。^^充 ...

遊楽の印 本柘遊印の春の新作6種類のカートの準備ほぼ整いましたので、明日4月25日中にはupいたします。「がんばったね」の朱文タイプがまだ試作中ですので、今回間に合いませんでしたが、まずは確定分のみお披露目させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます! ...

「鬼に金棒」の遊印と「がんばったね」遊印で文香を作ってみました。鬼くんもなんとか12ミリ角におさまってくれました。ちょっとかわいらしい鬼くんです。「鬼に金棒」「がんばったね」を含めカートの準備を急ぎます。冬から試作していた「てるてる坊主」の遊印も完成した ...

「おつかれさま」の遊印ばかり使っているような気が致しますが、この子も13.5㍉角。やはりこのサイズが最もおさまりがよい気が致します。画像は、手漉き和紙で作ったたとう折りのぽち袋ですが、ちょっと物足りない気がしたので、唐草のエンボスを。開いたところには「四つ葉 ...

先日、新作規格印「おつかれさまです」の試作印影をupいたしましたが、もうひとつ「おつかれさま」の印も作っています。この「おつかれさま」「おつかれさまです」ともにお客様からのリクエストで「やまもとひとみさん」 ★へ書いていただいた字を印にしています。サイズは ...

最近は、世界堂から連れて帰ってきた和紙でのみ箋を作っています。すごく墨ののりがよいことは以前も書いたと思いますが、しゃくしゃくした手触りが、気分をよくしてくれます。新作の「大丈夫」遊印(白文タイプ)を「瓢」遊印と組み合わせてみました。「おつかれさまです。 ...

「やまもとひとみ」さんに書いていただいた言葉を印にしたものです。もう少し試作をしてゆきますが、だいぶ形になってまいりましたので、嬉しくて途中報告。^^「おつかれさまです」は「おつかれさま」という字も書いていただいており、こちらも手放し難く、もう少し試作し ...

ついに桜も咲き始めてしまいましたが。。。なかなか上手に散ってくれないわたくしの花びら達。赤い子が少し小さすぎますね。。。一体何回目の試作でしょう!!!いい加減にしなくては。「やまもとひとみさん」★にお書き頂いた新作本柘印も版下作成に入ったところです。お客 ...

遊楽の印平成31年最初の新作が仕上がりました。本柘遊印 「梅が枝(うめがえ)」「水引(抱きあわじ結び)」「ちび和」ゴム印 「罫線スタンプ110」の4種類です。いつもながらご注文を頂いてからの彫刻、ゴム印の作成となります。どうぞよろしくお願いいたします。工房蓮 ...

梅が終わる前に。。。何とか間に合いそうです。^^「梅が枝」の本柘遊印、完成しました。カートの準備急ぎます。画像は、手すき半紙で作ったお渡し用の袋と、筑前秋月和紙処さんの桃色の手漉き和紙で作った文香です。この「梅が枝」遊印は小さな文香にするとかわいさが際立 ...

早春の新作遊印の試作続いています。。。今日は終日彫刻機の前で塗りなおしと彫刻と仕上げと試し捺しを繰り返します。ついでのようなお知らせで恐縮ですが、九甘堂時代に作った「桜花びら」という遊印ですが、もう少し花びらの位置や大きさなども変えて再登場の予定です。こ ...

一本の木から紅梅と白梅、両方の色の花が咲く梅の木を見たことがあります。源平咲き分けの梅と呼ぶのですね。存じませんでした。遊楽の印の「紅梅」「白梅」は発売当初からがんばってくれているロングセラーですが、そろそろ新しい梅の花印をと思っていました。いつものよう ...

睦月の便箋です。今年から、発送時にひと言添える便箋も変えようと思い。。。あれこれ試作しつつ、画像のような市販されている一筆箋のサイズより少し小さめのふつうのカタチ^^に落ち着きつつあります。発送時の箋にはずっと半紙を使ってまいりましたが、しばらく。。。手 ...

遊楽の印 2018年冬の新作?笑カートの準備いたしました。「鳥居」「松の葉」「松葉」の本柘遊印です。肝心の!年賀状のサンプルにたどり着いておりませんが、近々upしてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。工房蓮webshop トップページの新作遊印からどうぞ ★ ...

「松の葉」と「松葉」の本柘遊印、ほぼ完成です。もうひとつ仕上がっていますので、一緒にカートの準備を致します。その子達とは別に、三方に飾った鏡餅の遊印を試作しているのですが、なんとなくうまくゆかず、思いがけず難儀してます。「お月見団子」の遊印がすっきりかわ ...

お客様のリクエストで誕生しつつある新作遊印です。「松の葉」国語辞書など引きますと。贈り物の上包みなどに、粗末な品物の意を表すためにしるす語。寸志。松の葉に包むほどわずかである意を表す。とでてきます。既存の遊印だと「心ばかり」とか「ほんのきもち」と同じ感じ ...

水引の「あわび結び」を柘植に彫刻してみました。12ミリ角に彫刻していますが、あまりに小さく。。。通常の使い方は難しい。遊楽の印の既存のラインと合わせるにも少々(だいぶ)小さく。笑「結び紐」の柘遊印★も、ゴム印の「りぼん結び(もろなわ結び)」★も結婚のお祝い ...

先週末upした「枝付きの椿」の遊印に、早速貴重なアドバイスを頂き修正してみました。まずは、筑前秋月和紙処さんの手漉き和紙で普通の^^一筆箋を作ってみました。画像では白に見えるかもしれませんが、数年(もう5~6年は確実に)前に出会い、大層気に入り、1枚だけ使わ ...

おとといから急に思い立ち新作の本柘遊印を試作中です。赤椿(白椿も)★と紅梅白梅★の遊印をリニューアルしたいと、ここ何年か思いながら、なかなかたどり着けなかったのですが、まずは椿から。もともといる子とあまり変わらないじゃないかとも思いつつ、枝が付いて少し枯 ...

カキ氷の遊印を作ってみましたが。。。もう少し繊細にすべきか。。。と思いつつ、サイズも迷いいっぱい捺してみました。こどもの頃、カキ氷は分厚いガラスの器に盛ってあった。「大盛りにして欲しい。シロップはたっぷり」と心の中で願いながら、降り積もってゆくふわふわの氷 ...

↑このページのトップヘ