遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)のblog

九甘堂のオリジナル柘遊印を使って、文香や折形、和紙巾着袋など。。。いろんなものを作ってゆきます。

カテゴリ:金封

内側に使わせていただいた千代紙はいただきものですが、色違いで黄色バージョンもあります。どちらの千代紙もすごくインパクトがあり、そのままのサイズ(B4くらいか。。。)で眺めていると、どうやって使ってあげようか!と活かし方に悩んでしまうのですが。楮100%の少し ...

連日の猛暑に早くも秋が待ち遠しい。秋に使える遊印を考えておりますが(まだ頭の中だけ)、早く取り掛からねば。すすきの遊印は「遊楽の印和」を始めたころから、何度も挑戦しておりましたが、すすきのカタチ(長さ・流れ)を表現するには、あまりに厳しい印面サイズ。しか ...

ティッシュケース続きでしたので。。。笑ふた重の封筒(金封)を。画像ではわかりにくいのですが、柄和紙を透かして使うのか。。。それともふたを開けた時に、柄和紙がのぞくのか?どちらがいいだろう!というのはいつも迷うところです。そういう時は、2種類作ってみて決める ...

今年の春くらいからでしょうか。。。簡易金封(封筒タイプの金封)を作る時は、二重で(裏をつける)作るようになりました。裏をつけると。。。「簡易」という雰囲気でもなくなるのですが、もう一重には戻れなくなってしまい、最近は、専ら二重構造の改革に執心中。裁断の決 ...

菖蒲続きですが。そして窓とふた重にこだわっております。^^進化具合としては、同じところに留まっているような、ちょっぴり進んでいるような。。。微妙な感じ。この封筒タイプの金封は、裏と表を貼り合せた後に、表側の和紙の汚れ(しかも窓の隣)を見つけてしまい、つっ ...

菖蒲柄の友禅紙。。。を中央で切り貼りして作ったぽち袋です。菖蒲という花自体が凛としたかっこよさがあるがあるからでしょうか。。。和紙になっても。。。 粋で男前。。。な雰囲気です。昨年は切り貼りの封筒を随分作りましたが、今年は、簡易金封とぽち袋を作ってみまし ...

横置きの金封。窓の風景のように。友禅紙の華やかさを最大限に活かしたい時もあり、少し遠くに見たい時もあり。。。充実の一日を九甘堂 古賀あき乃 ...

何年も前にいただいた韓紙。。。毎日のように眺めていると、月日が経っていることを忘れてしまいます。大好きなしゃくしゃく感のある紙質で、日本の伝統文様でもある紗綾形(さやがた)に一見似ているけれど、違う文様です。大事大事に眺めておりましたが、笑ここ最近はまっ ...

先日。。。重なる(というか、重ねているのは自分ですがーー;)紙たちの整理をしていて、思いがけない再開を果たした新聞紙風の紙。よくぞ生き残っていてくれたわと、早速簡易金封サイズに仕立ててみました(最近はなんでもこれ)。紙幣を入れるというよりも、何か別のモノ ...

「立涌スタンプ」で簡易金封を作ってみました。連続捺し。。。ですが、何回くらい捺したかな。。。後姿画像では薄く映っておりますが、スタンプパッドの色は「チャコール」です。これは、封筒の裏側に捺したモノ。連続捺しに自信がない場合は、このパターンで。^^充実の一 ...

友禅紙内貼りの簡易金封。というよりしっかりした封筒か。名前の付けようがない代物になりつつある最近はまっている「ふた重封筒作り」。この子は、内側に友禅紙の柄をだしたタイプ。もともと、5筋7筋の水引結びをつけるほどのことではないけれど、白封筒ではちょっと寂しい ...

朝早くに撮った画像で(こういうのを逆光というのか?)暗くて恐縮ですが。透けた感じをお見せしたく。最近作っているちょっとはみ出している簡易金封です。表側の和紙(一応)は、機械漉きの安価なものですが、厚さや質感、色も好みで最近よく使っています。しかし。。。少 ...

簡易金封おめかしバージョン。端紙で小さなメッセージカードを作ってみました。簡易ではなくなりつつあります。--;充実の一日を九甘堂 古賀あき乃 ...

いつも作っている簡易金封の横置きバージョン。檀紙風の真っ白の和紙で作っていることが多いのですが、思い立って柄和紙に挑戦。してみましたが、笑全面的に友禅紙が表に出てくると、大層贅沢な割には「見たことあるよね」的な普通な感じを強烈に醸し出してしまい、慌てまし ...

webshop★の「遊印で遊ぶ」に■紙幣を包む(和紙編)を追加するべく、顔晴っております。あと一歩。^^最近は、包む額が3万円くらいまでの金封を作るとき、水引き五筋のあわじ結び(こちらのページにupしてます★)を、それ以上の場合は、五筋の梅結び(上の画像がそうです ...

金封の帯に「書きのし」印を使ってみました。これは12ミリ角に彫刻した「書きのし」印です。こんな風に使うと、12ミリ角のサイズでキレイにバランスが取れます。梅鶴の白梅バージョンのかわいらしさに自らはまってしまい、--;抜け出せません。画像は、バニラスタンプで捺 ...

最近よく作っている金封の帯たち。金封自体は、檀紙もしくは、奉書紙で極めてシンプルに。遊印はもちろん、エンボッサーも使わず、赤顔紙のラインもいれません。「折り」のみで。最初は、金封本体に赤顔紙のラインのみいれて、帯は遊印とエンボッサーのみでまとめていたので ...

とても品格のある和紙を戴きました。中央で切り替えている和紙がそうです。何とも言えない上品さ。に、見合う金封となっているでしょうか。真っ白な和紙をあわせたかったのですが、手持ちの真っ白の手漉き和紙は文香に使う薄手のモノしかなく、残念。この封筒タイプの金封に ...

豪華な友禅紙の金封を作ってみました。お気に入りの梅柄で。。。赤顔紙のラインを縦に持ってくるか横に置くか。。。水引きは「熨斗風」か、ライン使いにするか。。。そうしたら赤顔紙ラインは横に置くほうがいいしな。とかとか。。。結構時間を掛けてシュミレーションした結 ...

横置きの金封を作ってみました。これは、以前よく半紙で、ぽち袋サイズ(三つ折りのお札にぴったりのサイズ)で作っていた折形です。覚えていらっしゃる方もおいでかもしれません。かなり作ってましたので。笑今回は、お札を折らずに包めるサイズです。「折形レッスン」(山 ...

↑このページのトップヘ