遊楽の印(ゆらのいん)のblog

工房蓮のオリジナル本柘植遊印を使って、文香や折形、和紙巾着袋など。。。いろんなものを作って遊んでます。

カテゴリ:封筒

新しい住所ゴム印を作ってみました。最近、納品書のスタイルを変えたので、それに合わせて作ったものです。大好きな隷書体で。これは、A4ファイルが入る封筒で、クリックポストで送ることができるサイズです。いつもの無印の茶封筒にはファイルが入らないので、少し大きめの ...

クリックポストでお届けするときの封筒です。住所お名前ゴム印の梱包。’ぷちぷち’で巻くと、3センチの厚み制限を越えるので、厚紙やダンボールで補強しています。水貼りテープはここでも活躍。もっといろんな色があると楽しいのになぁと。いつもずっと思っていますが。でて ...

半紙半裁でつくるお渡し用の平袋です。お取りまとめ頂いた際のお渡し用の袋として作っているものですが、これが結構トレーニングになっています。いつもながら同じ物を大量に作るということが、性格的に不得手な為、数枚ずつ、笑作っていますが、ストックするところまではい ...

先日ご紹介いたしました斜線の透かし模様が入った懐紙★を横置きにして作った封筒です。赤顔紙のラインを入れてみました。れんこん(見通しいかが?)の遊印★はグレイシェイド★の最も薄いグレイで捺しています。半分に折った状態で売られている懐紙ですと折れているところ ...

懐紙でちいさな封筒を作ってみました。小さな封筒といっても、ぽち袋よりは大き目です。こんな素敵な懐紙もあるのですね。半分に斜線の透かし模様がはいっています。内側に濃い色の紙を仕込んでもよさそうです。一筆箋にもぴったり。連休もやっと終わりそうです。ちょこちょ ...

透け感がたっぷり ^^ の手漉き和紙でぽち袋や封筒を作りたくなる時が無性に。。。あるのですが。中に入っているものが、あまりにあからさまであるのは少々抵抗を感じることもあります。けれど透けない和紙を内側に使って「ふた重」にしてしまうのは、やはり。。。惜しい ...

定型料金で送ることができる封筒です。立涌文様の千代紙で作った瓢を貼り付けています。久しぶりに作った「ひと重」の封筒は、とんでもなく!簡単に仕上がってしまい!思わず笑ってしまいます。もちろん嬉しくて。^^今朝は、ずっと出来なくて不便だったネットショップのメ ...

簡易金封を作ったあまり紙で作った封筒です。内側の友禅紙も微妙に余った部分を使っています。のでサイズは全部ばらばらですが。何度も言っていますが、あまり紙が出た時に、その場で何かに利用してしまうとよいのです。あまり紙は「あまり」ですから、サイズもばらばらでき ...

定型内で郵送できる封筒です。少々忙しく紙遊びから遠ざかっておりますが。。。紙遊びは。。。気候のよいときのほうが、気分よく進むので「いましかない」状態ですが、昨日は突然の暑さでぐったり。このまま暑い季節に突入したらどうしよう~でございます。ここのところ生活 ...

画像は定型郵便料金で送ることができる封筒です。赤い青海波の千代紙ラインで後ろ姿をおめかし。GW後半に入りますね。皆様どうぞ良い週末を(⌒-⌒) 工房 蓮藤井あき乃  ...

定型郵便料金で送れる封筒を作ってみました。「たて縞」スタンプ★は渋めの色2色(銀色★とVersaCraft リネン)で。「傘」★と「縁」 ★の柘遊印は彩irodoriの「濃赤茶」 ★を使っています。あえて。。。少し中に入れたものが透けて見える紙を選んでいます。中に何を入れて ...

薄葉紙で黙々と袋づくり。立涌スタンプ★の連続捺しは。。。慣れてくると添え木なしできれいにキマルようになる。ひそかに。。。一人で感動するわけだけど、これがまた。。。ほんとうに無心になっている時だけ。。。うまくゆく。たかがスタンプ捺し。されどスタンプ捺しなの ...

封筒ばかりで恐縮ですが。^^昨年出会った「楮100%」の杉原紙。薄く透け感がありながら「しゃくしゃく感」もあり大好きな紙。雁皮紙の上品なしなやかさも大好きですが、楮紙の少しざらっとした触感も大好き。って大好きばかりですけど。笑このサイズ(簡易金封と呼んでいま ...

封筒ばっかり作っています。透け感とちら見せにこだわりながら。。。^^充実の一日を九甘堂 古賀あき乃 ...

最近、ふた重の封筒作りにしっかり捕まってしまい、少しでも時間を見つけると試作しております。少しずつ進化しつつ(自分の中では、進化=簡略化)、ビジュアル的にも機能的にも、最初のこだわって作っていたものと遜色ないものにたどり着きつつあります。表側に使っている ...

九甘堂古賀印判店の店頭で承っている実用印をいれる袋を作ってみました。いつもは、印判専門店がよ~く使っている定番のモノを使っているのですが。あままりに情けない感じで、笑気になりつつも、定番からなかなか抜け出せないのは、古い店ならではの感覚かも。開閉自在にす ...

だいぶ上手になってきたと思う和紙の色付けですが、撮影技術は進歩せず。雁皮紙のような非常に薄い和紙にも、うっすらと色を付けることができ我ながら感動。これでふたえの巾着袋を作るぞ。そうだ!友禅紙の裏紙で使うと重ね色になっていいかも!大層かわいくできるはず。も ...

非常にわかりにくいですが、裾のあたりを金色でおめかしした封筒です。とってもお世話になっているお客様に教わった方法で試してみました。ずっと使いたかった「散り桜」のエンボッサーを使って。裏側だともう少しはっきりするでしょうか。昨日あたりからこの「紙の色付け」 ...

差出人の場所に貼る住所シールです。クラフト紙の水貼りテープですが、顔彩の青金で線を描いたら、とってもよい感じになりました。恐るべし青金。笑気に入ったパターンができると、しばらくそれにはまってしまいます。良い午後を九甘堂 古賀あき乃 ...

最近このエンボッサーの組み合わせが好きで、こればかり。普通郵便でお届けする際の封筒です。「霞」エンボッサー★で、不祝儀の金封や、お箸袋なども作りたいと思いつつ、ここで、はまってしまって先に進めず。--;まだ左から差し込むタイプのダイホルダーが入荷していな ...

↑このページのトップヘ